eye-girlinaband

ペーパーバッグに表紙カバーは必要か?

元ソニック・ユース、ファッションブランド、X-girlの創始者、キム・ゴードンが書いたGIRL IN A BAND キム・ゴードン自伝という本がすごく面白かったです。

しかし1点だけすごく気になる所がありました。

この本、ペーパーバックなのにカバーがついているんです。

これは推測するに、表紙カバーをつけるかつけないかで売り上げにかなりの違いがでるのではないかということです。(教えて下さい、詳しい人)

ペーパーバッグにカバーをつけるというのは、バンクシーのグラフィティを額に入れてしまう様なことだと思うんです。「気持ちは分かるけどそれをやってしまったら、、。」

ブライトンのバンクシー
額に入れられたバンクシーのグラフィティ

何やかんや言っても、売れなきゃ翻訳すらされない、ならばカバーは仕方がない。自分が出版しているわけでもないのに勝手にジレンマを感じつつ、それでも「ペーパーバックにカバーは興ざめだよね」と思う今日この頃です。

追伸
とは言っても、ティラミスではペーパーバック表紙のデザイン依頼があれば喜んでやらせていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。

追記
編集者の友人にこの話をした所、日本には返本制度があり、返本された際にカバーを取り替えればもう一度市場に出すことができるのだそうです。なのでカバーをつけたほうが長く扱ってもらえるということなんだそうです。私のカバーの有無で売り上げに違いがあるのでは?という推測は外れでした、、。

制作のお問い合わせ

コメントを残す