takeshi matsumura のすべての投稿

ポーズボタン連打は裏技か?

大切なことはゲームが教えてくれます。

「ゲームばかりやっているとバカになるよ」という人がいたらそれは間違っています。

小学生の頃、シューティングゲームをやっている時、ステージが進んでいくと敵の動きは早くなり、数も増えて、撃ってくる弾も地獄級、手も足も出ずにゲームオーバー。何度やってもクリアできず、やけになってコントローラーを投げると、たまたまコントローラーのポーズボタンでゲームが停止されました。

その時ふと、ポーズボタンを連打しながらやれば動きもゆっくりになりクリアできるのではないかと思いつきました。

実際にポーズボタンを連打してプレイした結果、敵の動きを余裕もって見られるようになり、見事クリアすることができました。

そしてこの経験は後に自分にとって重要なものとなりました。

「普通にやってできないことでも余裕を持ってやればできるようになる」という事が分かったのです。

仕事で自分には絶対到達できないようなものがあったとします、「これできますか?」と言われても「絶対無理です」というようなやつです。

しかしゲームで学んだことを活かせば、一見無理そうなものでも時間をかければできるということになります。

そして一度じっくりとやったものは次からはもっと手際よくできるようになります。一度ポーズボタン連打でクリアするともうそれを使わなくても次からはクリアできるように。

余裕をもってデザインできれば、それは依頼者の利益にもつながる。そう思えるようになってからデザインにかける時間を大切にするようになりました。

デザインには関わる人すべての思いが乗ります。「急がせてしまって申し訳ない」という依頼者がいれば、その気持ちもデザインに内包されます。なので依頼者に急がさせないようにするのもデザイナーの大事な役割だと思います。

また、「あと1日しか時間がない」というような時でも「土下座すれば一週間はのびるだろう」と思えば、実質8日ほど気持ちの余裕が生まれます。

これを拡大解釈していくと「永遠の命があると思えば、一年や二年どうってことないですよね」とい言うことになると思うのですが、まだまだこの境地に到達するのは難しそうです。

でももし、このように言ったら「ああー、そうっすねー」とか言う人と一緒に仕事をしてみたいです。自分が依頼する側だったら絶対そんな返事はしませんが、、。

最後に「ポーズボタンは裏技か?」というと、裏技として雑誌で(ファミマガかファミ通か記憶が定かではない)認定されていたのです。自分は「こんなものは裏技じゃないだろう、、」と応募することすらしなかったのにどこかの誰かが裏技として投稿し報酬を得ていたのです。これもまた教訓として活かしたいと思います。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

2枚990円、4枚1980円

「どの色にするのか?」「どの位置にするのか?」「どの大きさにするのか?」デザインは選択の連続です。なので普段の生活ではできるだけ選択をしたくありません。「昼何を食べようか?」と考えるのもあまり好きではありません。下着は同じものを買えば選択せずにすみます。

そう思い、無印良品週間(すべての商品10%OFF)にパンツを買いに行きました。


上の写真を見て「お、4枚買うとめっちゃお得!」と思いました。

でもふと何か違和感を感じ、それを探していると

1枚560円..
2枚990円..
4枚1980円..

2枚と4枚の値引き率は変わらないのです。

でもこの表記だと4枚買うと一番得みたいに感じますよね?そう感じるの私だけ??つくった人はおそらくそれを意図していると思います。「計算しなくてもいいように」と親切でやっているなら3枚の価格を入れますし、「4枚1980円」がない方が価格を理解しやすいと思います。

画像に手を加えてみました、どうでしょう?

こうして並べてみるとこの「えらべるトランクスボクサー」という商品、実は選ばされている事が分かると思います。

「え?選択したくないとか言ってるお前にぴったりだな?」

左様でございます、お後がよろしようで。

当たり前

事務所のプリンター
事務所のプリンターが紙詰まりに。

このプリンターを使って一年、今まで一度もこのようなことがなかったのですが、修理の人が来てくれないと直せないようです。

当たり前にあると思っていたものが急に無くなってしまうと困ってしまいます。

しかし今自分が困っているという事は、それが無くなると思っていなかった自分の想像力のなさのせいと言えるでしょう。

「明日、自分は死ぬかもしれない」と想像して見たところで 実際死ぬわけないしそれに伴った行動はとれません。

でも「もしあと3日で死ぬとしたら何をする?」と考えるとやりたいことはいくつか挙げられそうです。

「オーロラを見にいく」というのを考えてみました。実際3日で死ぬなら行くけど、やっぱり3日じゃ死なないので行きません。調べてみるとオーロラは行っても必ず見れるとは限らないようなのでなおさら行かなくてよかったと思いました。

そう考えているとどうやら「オーロラを見に行く」というのは自分がしたいことではないという事に気づきました。

突き詰めていくと「自分にはしたいことなど何一つない」という結論が浮かび上がりました。そして「やりたくないことならたくさんある」ということも。

いつ死んでも後悔しないようにするには「やりたいことをやる」よりも「やりたくないことをやらない」ということが大事なのだと分かりました。やりたくないことをぐだぐだ言いながらやったりするのに時間を費やすならば、自分がやると決めた事に時間を使いたいです。そしてそれがティラミスをはじめた理由です。

なぜ唐突に「それがティラミスをはじめた理由です」などと言っているのかというと一昨日がティラミスの3周年だったという事をすっかり忘れていて、たった今思い出したからです。

ですので今日は早めに帰ってゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドをやりきろうと思います。

雪のあと

雪の降った後、
道路に車は少なく、いつもよりゆっくりと走っている。
雪があるので歩くのもゆっくりになる。

「ゆっくりやればいい」とか「ゆっくりしていってね」と人は言うけれど、
結局、ゆっくりはできない。

しかし雪は一夜にして「ゆっくり」をデザインしてしまった。
雪があるから気をつけて行こうと、
強制ではない、自然と思うような、
人に元々備わっているもの。

ティラミスのデザインもそういうものを大事にしていきたい。

2018yuki

風を売る商店、今週土曜日にやります。
1月27日(土) 11:00~16:00
tirami-su.com/kaze/

Google Storyboard

動画からコミック風の画像を作ってくれるというGoogle Storyboardをさっそく使ってみました。


上のような動画を撮りまして、、。

動画を選んでボタンを押すだけで、、

こんな画像や
こんな画像や

こんな画像が
こんな画像が

勝手にコマ割りされた画像がつくられていきます。画面をスワイプするとどんどん新しい画像が出てきます。

これを自分がやったらどれだけ時間がかかるのだろう。すごいぞ機械の力!

ブロッコリーの花

ティラミスでパンフレットなどを制作しているやまなみ農園の鈴木さんがブロッコリーの花を持ってきてくれました。

というのも以前に鈴木さんから「ブロッコリーには花が咲くんですよ」ということを聞いた時、私が「え?、どこに?、これ全部から花が?、そんな馬鹿な?」という顔をしたのを見破られてしまったのでしょう。証拠としてわざわざ持ってきてくれました。

証拠のブロッコリー、スティックセニョールという品種だそう。
証拠のブロッコリー、スティックセニョールという品種だそう。

ブロッコリーが時間が経つと黄色くなってしまうのは花を咲かそうとしているからだそうです。花になろうとする力を使ってしまうと美味しさがもっていかれてしまうのでその前に食べるのが吉だそうです。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

四角と線のあいだ

四角は線によって描かれ、
線は四角によって構成される。

線は四角によって描かれ
四角は線によって構成される。

四角はどこから線になって
線はどこから四角になるのか?

四角と線のあいだにはおもしろいものが隠されているような気がします。

世代の壁

世代という見えない壁がいつのまにか自分の中にできてしまっている事に気がついた。

カテゴリー分けすることによって得られる便利さになれてしまわぬように、壁を溶かしていこう。

おもしろいものが壁をすりぬけて出てくるように。