「日誌」カテゴリーアーカイブ

FM yokohama 出演

FM yokohama 『Lovely Day♡~hana金~』
先ほど無事生放送を終えました。

こちらで本日から一週間は聞くことができますのでどうぞ聴いてみてください。
聴きどころは緊張がこちらまで伝わってくる弊社鈴木の第一声です。
http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20180223110529

放送に出てきたグッズを作っていただいてる工房御小野橋さんのホームページはこちらです。
http://kb-onobashi.wixsite.com/npo-atsugi

藤田さんが言っていたハンバーガー屋さんはTiramisuの事務所1Fにある「グッゲンハイムマフィア」さんです。

レポーターの藤田さんが記事を書いてくださってます。藤田さんのまとめ力、紹介力、とてもすごく、自分たちの仕事に活かせそうなヒントをいただきました。感謝感激です。
http://blog.fmyokohama.jp/machikado/2018/02/post-a807.html

風を売る商店は明日開催です。
あなたも風を買いにきませんか?

2月24四日(土)
11:00〜16:00
http://tirami-su.com/kaze/

○豆知識
風を売る商店から徒歩1分の所にある「魚貴」、とてもおいしいお店です。土曜もランチをやっているのでおすすめです。

広報あつぎに「やまなみ農園」が掲載

広報あつぎ2018年2月1日号

Tiramisuがパンフレットやラベルなどをデザインした「やまなみ農園」の鈴木貴さんが今月の広報あつぎに掲載されています。

やまなみ農園のやっている提携販売というのは、野菜を通じ私たちの生活をとても豊かにしてくれて、今後もっと広がっていくものだと思っています。これを機に厚木の人たちがもっとやまなみ農園のことを知ってくれると思うとうれしくなります。

そして、便乗して私たちも少し写っています。Web版:広報あつぎはこちらで読めますのでよろしければご覧ください。

○ティラミスがデザインしたやまなみ農園のパンフレット
○ティラミスがデザインしたやまなみ農園のラベル

雪のあと

雪の降った後、
道路に車は少なく、いつもよりゆっくりと走っている。
雪があるので歩くのもゆっくりになる。

「ゆっくりやればいい」とか「ゆっくりしていってね」と人は言うけれど、
結局、ゆっくりはできない。

しかし雪は一夜にして「ゆっくり」をデザインしてしまった。
雪があるから気をつけて行こうと、
強制ではない、自然と思うような、
人に元々備わっているもの。

ティラミスのデザインもそういうものを大事にしていきたい。

2018yuki

風を売る商店、今週土曜日にやります。
1月27日(土) 11:00~16:00
tirami-su.com/kaze/

「どんな1年にしていこうか会議」をしました。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ティラミスでは、仕事はじめに「どんな1年にしていこうか会議」をします。
そして、初詣で買ってきただるまの右目を入れる、大事な1年のはじまりの日です。

会議の結果、こんな1年にすることにしました。

1

2

3

4

5

みなさまにとって、大きく羽ばたく一年になりますように。

Google Storyboard

動画からコミック風の画像を作ってくれるというGoogle Storyboardをさっそく使ってみました。


上のような動画を撮りまして、、。

動画を選んでボタンを押すだけで、、

こんな画像や
こんな画像や

こんな画像が
こんな画像が

勝手にコマ割りされた画像がつくられていきます。画面をスワイプするとどんどん新しい画像が出てきます。

これを自分がやったらどれだけ時間がかかるのだろう。すごいぞ機械の力!

ブロッコリーの花

ティラミスでパンフレットなどを制作しているやまなみ農園の鈴木さんがブロッコリーの花を持ってきてくれました。

というのも以前に鈴木さんから「ブロッコリーには花が咲くんですよ」ということを聞いた時、私が「え?、どこに?、これ全部から花が?、そんな馬鹿な?」という顔をしたのを見破られてしまったのでしょう。証拠としてわざわざ持ってきてくれました。

証拠のブロッコリー、スティックセニョールという品種だそう。
証拠のブロッコリー、スティックセニョールという品種だそう。

ブロッコリーが時間が経つと黄色くなってしまうのは花を咲かそうとしているからだそうです。花になろうとする力を使ってしまうと美味しさがもっていかれてしまうのでその前に食べるのが吉だそうです。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

制作の打ち合わせで大切にしていること

デザインは気に入ってくださっていて、お仕事の内容が変更になったため、雰囲気はそのままでリニューアルさせていただきました。

おとな美姿勢主宰の柴田さまは、体の姿勢はもちろん、お仕事に対する姿勢も、心の姿勢もとても素敵な方です。

リニューアルも新しくスタートする場合も、ご相談しながらすすめていきますが、だいたいの方が、もうすでにご自分の中に「ある」ので、それを「これですね」と確認しあうところからスタートします。

ティラミスでは、「これですね」が伝わるデザインをしていくことを大切にしています。

「これですね」がきらっと光っているのを見ると、とても嬉しいです。その光が広がっていくのをイメージしつつ、制作しています。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

「風を売る商店」をはじめた理由

明日は「風を売る商店」の日なので準備をしています。風を売る商店は、ティラミスがやっている不定期開店のお店です。

前回が1回目でしたが、おかげさまで商品はほぼ完売で、はじめましてのお客様も買いに来てくださったり賑やかな開店日になりました。

「お店をはじめよう!」と思った理由は、「受注のお仕事だけじゃなくて、オリジナルコンテンツでお仕事してくことも増やしたいね。」という話からでした。

ゴム印はいろんな色でスタンプできます
ゴム印はいろんな色でスタンプできます

 

まず、「オリジナルグッズを販売してみよう!」と思ったとき、ネットショップも考えましたが、それはやめることにしました。

ものを販売するだけじゃなくて、「なんだかたのしい」「ここちいい」ということを一緒に体験してもらえるようなお店にしたいと思いました。

また、お店をやることで、地域や、さまざまなコミュニティともつながりを持ち、知り合うことをしていきたいと思いました。

商品は福祉施設で作っていただいたり、自分たちで作っています。
商品は福祉施設で作っていただいたものが中心です

 

ご自由にお持ち帰りくださいコーナー
ご自由にお持ち帰りくださいコーナー

 

開店日には「おたのしみ展」と名付けた展示も一緒に行うことにしました。

絵本やアートなど、見たり触ったり聴いたり、それだけを見に来てもらえるようにもしたいなと思っています。

絵本の原画を飾る準備
展示は「おたのしみ展」毎回、どんな展示かおたのしみ。

 

原画を壁に貼って、原画展です
原画を壁に貼って、原画展です

 

「お店」のお仕事を実際にしてみると、今までとは少し違う視点で見たり考えるようなり、グラフィックデザインのお仕事を受けたときにも、役立つ経験です。

「風を売る商店」は、子どもから大人まで年代関係なく、ふらっと立ち寄って楽しんでもらえるような場所にしていきたいなと思います。

明日もたのしみです。

お近くの方は、ぜひ、お立ち寄りください。