タグ別アーカイブ: about Tiramisu

ティラミスについてのいろいろなこと。

2周年をむかえました。

デザインオフィス・ティラミスはおかげさまで2017年3月14日で2周年を迎えました。

ティラミスはこれまで「わたしらしくをたのしく」というスローガンの元にデザインをしてきました。「わたしらしく」というのは当初、自分たちにとって重要なキーワードで、今思うと「わたしらく」は「抑圧されたものから自由に」と置き換えられたのだと思います。

自分たちを抑圧するものがなく、自由を手に入れた私たちは「自由は不自由と隣り合わせにある」ことを知りました。自由になりたいということは、自分が今、不自由であるということで、自由になればまた不自由への旅がはじまります。

それに気がついてから「わたしらしく」という言葉を使うことに違和感を覚えるようになりました。不自由から目をそらして自由を謳歌し続けることは、「旅の恥はかき捨て」と振舞う旅行者のように感じたからです。

デザインは自由も不自由も変幻自在です。知らぬ間に自分たちで作っていた「わたしらしい」という枠をきゅうくつに感じるようになっていました。そしてデザインに「わたしらく」あるよりも、もっと他のものを求めるようになっていったのです。

私たちがうれしく思うのは、自分たちが大切にデザインしたものをよろこんでくれた人がいた時です。それができた時、世界に少しだけ貢献できているのかもしれないと感じた時、そこにはいつもここちよい何かがあることに気がつきました。そして「ここちよい」というキーワードを手に入れた時、すごく広がりのあるイメージを持つことができました。

と、いうことで少し小さくなった服を脱ぎ捨て「わたしらしくをたのしく」から「ここちよく、たのしく」へとスローガンが変わったティラミスであります。これからも末長くよろしくお願いいたします。

デザインオフィス Tiramisu
鈴木ようこ
松村たけし

制作のお問い合わせ

何屋さんかワカラナイ名前には、理由があります。

「ティラミス」
客観的に見ると、本当に何屋さんか謎。
だけど、それには理由があります。

生クリームが好き、スィーツが好き。マスカルポーネチーズもココアパウダーのことも愛してるから。

昔のノートのメモ書きに「ユニット名 ティラミス」ってなぜか書いてあったから。

ティラミスっていう、音の響きが可愛いから。

ティラミスの意味を検索したら、イタリア語で
「わたしを元気づけて」
と、いう意味だった。

そうだ、そういうデザイン事務所にしよう。

ティラミスに出会ったら「もっと先に進めそうな元気がわく」って、なったらいいな。

気取ってるわけじゃないけど、ちょっと、おしゃれしていく街のレストランみたいな感じの場所にしたいな。

おもしろいこと、楽しいことを提案して、わくわくするようなこと、くすって笑っちゃうこと、少しだけ考えてもらうこと、そんなことをいつも発信していく事務所でいたいな。

それでいいときは、なぜかコロコロと決まっていくもの。

名前を決めたら、自分たちがこれからつくっていく「デザイン事務所」のイメージが湧いてきた。

だから、ティラミス。
おいしそうなデザイン事務所。

人生のおいしいところを、ぎゅっと濃縮して、たのしくする提案をします。

お仕事のキモ、落としてませんか?( ✧Д✧) カッ!!

ティラミスには、

  • サロンオープンする人
  • 今までのお仕事を拡大する人
  • サービス内容をリニューアルする人
  • 新規事業を立ち上げる人
  • お客さま層を変えよう!という人

などなど、心機一転、新しくスタートをしよう!という方が多くいらっしゃいます。

そんなタイミングだからこそ、

ロゴ、名刺、パンフレット、ショップカード、ホームページ全部つくりたい♪ヽ(*>∇<)ノ♪⁺ロゴは看板にも使うしね♪

 

そんな夢と希望にもえている時に大事なポイントがあります。

最初にいいますが、可愛いデザインにしただけでは売れません。

デザインは、やりたいことの背中を蹴っ飛ばして、前に進むのを手伝うためのものです。

 

こんなコンセプトで、こんな人に喜んでもらって、最終的にはこんな感じになったらいいな〜って思っているの♪

というのが明確であればあるほど、その後の営業や、ホームページやfacebookで発信していく内容がブレません。そうすることでお客さまに「ココってこういうお店なんだね♪」って伝わります。

 

難しいことではなくて、要はお客さまに感じて欲しい雰囲気をイメージしてカタチにしていくことだと思うのです。

何を誰にサービスするのか整理して明確にすることが大切です。

ティラミスは、コンセプトを大事にデザインするので、打ち合わせではよーーくお話をお伺いします。

お話を伺っているうちに、そうだ!そういうことがしたかったの!とコンセプトがハッキリしてしまう方も多いです。

コンセプトを汲んでデザインしたほうが何倍も売り上げに貢献できるデザインができます。

 

コンセプトは大事です。お仕事のキモです!( ✧Д✧) カッ!!

えっ?そういう、ティラミスのコンセプトですか?

「わたしらしく」を「たのしく」したい人が選ぶ、ちょっとオシャレな街のレストランです。

 


ちょっと相談してみよっかな