うごくあつお
【はぁと編】

あつお

本当に好きだから、、
そこには嫌いもまじってる。
本当に嫌いなら、、
そこに好きがみつかるはず。

あつおとあつこの壮大な
スタンプラブストーリーが
今、ここにはじまる、、。

【1】
今日は何の日?

あつお

「あつお、ちょっと話があるんだけど、、」そう言って七沢温子(ななさわあつこ)は呼び止めた。「なんだよ話って。俺、急いでんだけど」塾に向かおうとしていたのか、あつおはそっけない返事をした。第一志望の学校に落ちてしまったので、この所ずっとイライラしているようだ。

「ねえ、今日は何の日だか分かる?」温子はたずねた。「知らねえよ、おまえのくだらない質問ごっこはウンザリなんだよ」あつおは自転車の鍵を開け、先を急いだ。「ちょっと、今日は何日だと思ってるのよ」温子は自転車の前に立ち塞がった。「うるせーな、質問ごっこはウンザリだって言ったろ、どけよ」あつをが温子を押しのけた瞬間「あつお〜、行くぞぉ〜」と元気よく手を振る女子がいた。

「鮎美、どうして、、」温子はあつおの背中を見ながら、なぜ鮎美があつおと一緒に行くのか考えていた。鮎美は推薦で受験も一足先に終わっているし、工科大の家庭教師がついているので塾には行くわけがない。それなのにどうして、、。

うごくあつおスタンプ

【2】
追跡

あつお

 考えていてもらちがあかないので、温子はあつおの後を追いました。あつおは鮎美に歩調を合わせ、自転車を引いて何やら楽しそうに話しています。

「いったいどーゆーこと?よりによってこんな日に。鮎美のやつどういうつもりなんだろう、てか二人してどこ行くの?」次々と疑問が温子の頭の中を駆け巡った。「こんな大切な日に、あいつなにやってんのよ」温子は蚊にも聞こえないような声でつぶやきました。

 そう、ここで温子が言う大切な日というのはいったい何なのか、それを説明しなければなりません。

 本日は二月十四日、バレンタインデーです。バレンタインデーというのはチョコレート会社が皆にチョコレートを買わせるために、この日だけは「意中の男性にチョコレートをあげれば告白したことにします」という日です。最近ではチョコレート会社もやけになったのでしょうか義理チョコ、友チョコなとど言って誰にでもチョコレートを売りつけています。そんなバレンタインデーの日に、温子はあつおにチョコレートをあげようと決めていました。しかし今はそれどころではありません。

うごくあつおスタンプ

【3】
あつおと温子

あつお

 温子は気づかれないようにあつおの後を追っています。二人は本厚木駅の南口を通り抜けていきました。どうやら向かう先は駅から近くにある壁の高い大きな家、そう、鮎美の家に向かっているようです。なぜ二人が鮎美の家に向かっているのか?それを考える前に少しばかり、あつおと温子の関係について話しておかなければなりません。

 あつおと温子はいわゆる幼なじみというやつです。同じ厚木の団地で育ち、家が隣同士なので自然と仲良く遊ぶようになりました。

 小学五年生の時に同級生の豚漬一(とんせいいち)が二人のことをからかって以来、あつおは学校で温子のことを避けるようになりました。しかしお互いの親同士、仲がよかったため一緒に鍋をつついたりと家族ぐるみで過ごすことがよくありました。そしてそんな時、あつおは温子にとてもやさしかったのです。

 やさしかったあつおの思い出に浸っていたのもつかの間、二人は鮎美の家へと入って行きました。

うごくあつおスタンプ

*この物語はスタンプの売れ行きによって更新されています。次が更新されていないならばそう、スタンプが売れていないということです。