これが、あつおの正体だ!

あつお

あつおは40年もの間、厚木市で愛され、育ってきました。今では厚木のみならず、芸能界、財政界、餓鬼界などでも絶大な人気を博しています。

ライン

あつおの歴史

誕生

あつお1

誕生:産まれた時、あつおは頭の上に「塩焼き」をのせていませんでした。ヤンキー色を前面に押し出した極悪なキャラクターで、これは小泉今日子さんに気に入られようとしたためです。

ライン

初期

あつお2

初期:手書きでいちいち描くのが面倒なので、当時大流行したアンディーウォーホールを見習い、シルクスクリーンで描かれるようになりました。時代は、大量生産、高度成長、CDがなくなるわけがないと思っていました。

ライン

中期

あつお3

中期:「墓場鬼太郎」が「ゲゲゲの鬼太郎」へと変化していったように、あつおの外見もより可愛らしく変化していきます。また、ストリートから大人気となった「いきものがかり」に気に入られようとヤンキー色をなくした時期でもありました。

ライン

現在

あつお4

現在:初期とくらべるとかなりちがいます。厚木の変化と共にあつお自身も、日々変化し続けています。そしてこれからも厚木市民に気に入られようと手を変え品を変え、あなたの心のスキマにすり寄ってくることでしょう。

もどる