青空おやつ#14 公園には小さな社会がある

11月28日に青空おやつを開催しました。風が強くて寒かったけれど楽しく開催することができました。

今回も受付のお手伝いに来ていただき、とっても助かりました。

おやつのたねにご協力もしていただいています。おかげさまで毎回、子どもたちへのおやつを購入することができています。11月は風を売る商店でもおやつのたねにご協力いただけるようにしたので、オンラインストアだけでなく、そこでご協力くださった方も多くいらっしゃいました。

いろんな方のやさしさで運営できることがとても嬉しいです。ありがとうございます。

この日は、ゆるゆると少しずつ子どもたちが参加してくれたので、ゆっくりお絵かきしてもらえて、一人一人とお話することができました。

今回のお絵描きのテーマは、「もしも、人ではないものと友だちになれたら?」でした。動いたりしゃべったりしたら、おもしろいかもなって思うものを考えたりしてもらいました。

今回のおやつは雅藤のクッキーを用意しました。

今日のおやつ

公園の小さな社会

8月から毎月開催する中で公園に遊びに来ている子どもたちの様子を見ていると、公園には小さな社会があるなぁと感じます。スマホや携帯を持っていない子が多く遊んでいるので、ここに来るから会えて一緒に遊ぶということもあるようです。それは、毎回顔を合わせれば遊ぶのかもしれないし、今日、たまたま会ったから一緒に遊ぶのかもしれない。約束して一緒に遊びに来てる子もいるし、小さな弟や妹と一緒に、その子の面倒をみながら遊んでいる子もいます。

その小さな社会の中では、いろいろなことが成り立っていそうです。その中で起こるできごとにちょっぴり心を痛めたり、嬉しかったり。その中だけで通じるブームや楽しいことがあったり。公園は子どもたちの大切な居場所なんだなぁと感じます。

青空おやつは、子どもたちの小さな社会の中に時々入れてもらって、「公園に時々やってくる楽しい何か」になったらいいなと思います。そして、子どもたちの心の中に、ほんの少しでも「広がり」が生まれたら嬉しいなぁと思います。

おやつのたね募集中

青空おやつについて

➡ 開催日に受付をしてくださるかたを募集しています。ご興味ある方はご連絡ください。
info@tirami-su.com 046-281-7352

「青空おやつ#14 公園には小さな社会がある」への1件のフィードバック

コメントを残す