「青空おやつ」タグアーカイブ

折れたクレパスの行方

こんにちは、松村です。5月29日に青空おやつを開催しました。今回はお二人ボランティアに参加いただき17回目の開催となりました。

今回のお題「悪そうなうさぎ」はみんなよろこんでくれたようでした。

初めての試みとして、おやつアンケートをとってみました。この日は暑かったこともあったのか、ちょっといいジュースが人気でした。

ある子が色を塗ってる時にクレパスが折れてしまいました。少しばつの悪そうな顔をしていたので「巻紙をむいて横にして使ってもいいみたい」と告げると、気持ちよさそうに色を塗っていました。サクラクレパスの公式Twitterでそのような投稿を見ていたのが役立ちました。

二人でやってきて、一人だけ参加してまた二人でどこかに行く子もいます。こういうのが多様性というのではと思ったのですが、別にあの子たちは「多様性が」なんて微塵も思ってないですよね。多様性は誰でも元々持っていて、失くしてしまった時に気がつくものなのかもしれません。

6月は18日(雨天時19日)に開催予定です。

レジ横の募金箱のように

こんにちは、松村です。4月30日に青空おやつを開催しました。

今回で、16回目の開催となりました。回を重ねる度にやりたい事が出てきます。今は青空おやつをたくさんの人に知ってもらいたいと思います。なぜなら青空おやつを手伝ってくれる人がふえてほしいからです。

コンビニのレジ横に置いてある募金箱に募金するくらい気軽に参加してもらいたいです。そこで、青空おやつのLineページを作りました。開催日や募集内容をLineでメッセージしますので、友だち登録よろしくお願いします。

青空おやつでは何を描いてもらうか、毎回お題を決めています。お題は毎回鈴木に決めてもらっていたのですが、鈴木は食べ物をお題にする事が多く、参加した子どもが「なんか食べ物多いね」と呟いたのをきっかけに、色々と考えるようになりました。

子どもと話していたら「お母さんはぼくに全然興味がない」と言いました。「そ、それはいけない」と話を聞いてみると、魅力的なお母さんらしいという事がわかり、ほっとしました。

5、6歳くらいの子が参加したそうにずっと見ていたので「やる?」と声をかけると、お父さんがやってきたので趣旨を説明しました。お父さんが「やりたいの?」と聞くとその子は首を横に振りました。あの時、なんと声をかければよかったのだろう。

青空おやつを開催していると「あの時、なんと声をかければよかったのだろう?」という場面に出くわします。そんな時、色々な人がいて、何か言ったり言わなかったりするような感じがよいのかなと思っています。

青空おやつをたくさんの人に知ってもらって、参加してくれる方が増えてほしいなと思います。どうぞ青空おやつのLineページ友だち登録よろしくお願いいたします。小さなやさしさが集まり、大きな力となる、超元気玉のように。世界に必要なのはそんなことなのではないでしょうか。

5月は21日が雨でしたので、29日に開催予定です。

2021年度の活動報告と4月〜6月の開催日

こんにちは、鈴木です。2021年度活動内容2021年4月から3月までの1年の活動の様子を写真と一緒にまとめました。青空おやつは市民活動推進事業として活動しているので、市に事業報告書を提出したのですが、その時に一緒に提出した資料です。ぜひ、こちらから見ていただけると嬉しいです。

まとめてみると、たくさんの人に応援していただき、公園で遊ぶたくさんの子どもたちと楽しい時間をすごせたんだなあと改めて思いました。関わってくださったみなさま、ありがとうございました。

今年度も、子どもたちに楽しんでもらえるお絵かきのテーマやおやつを考えて開催したいと思います。

4月〜6月までの開催日をまとめてお知らせいたします。

青空おやつ・16回目

開催日時
4月30日(土)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・17回目

開催日時
5月21日(土)雨天時:29日(日)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・18回目

開催日時
6月18日(土)雨天時:19日(日)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

詳細

場所:中央公園

おやつ:おたのしみ

定員:30人(4人〜5人ずつ順番にワークショップ)

参加費:なし

申込:当日受付で名前と連絡先を記入。(感染症対策で誰が参加していたかわかるようにします。ご協力お願いします。)

個人情報について

参考:ワークショップ・こころのきもち えほん

青空おやつについて

募集しています

1)おやつのご協力は
 →こちらから

2)Amazonほしいものリストのご支援
 →こちらから

3)ボランティアを募集しています。
 →こちらから

タウンニュースでご紹介いただきました。→「やさしさ循環する社会を

やさしさをできるだけ


こんにちは、松村です。おかげさまで青空おやつはAmazonほしいものリストからのご支援により、今年度分活動できる目処がつきました。

開催当初は、Storesを使ったご支援を理解ある数名からと、私たちが不定期で開催する「風を売る商店」での募金で開催しておりました。予算としては毎回ギリギリな感じで開催していたのですが、厚木市市民活動推進補助金から、補助金を出していただけることになり、少し余裕を持って開催できるようになりました。

厚木市市民活動推進補助金は3年という期限があり、補助金に頼らないで活動を続けたいと思っていたので、他にもおやつのご協力方法を模索していました。そこで鈴木がAmazonほしいものリストから支援してもらえることを知り、登録すると、思った以上の支援が届くようになりました。

おやつのご協力がうまくいきだしたので、次は「もっと気軽にボランティアに参加してもらうにはどうしたらよいだろうか?」ということを考えています。

今後は、余裕のあるときに気軽に参加できるような仕組みを作りたいと思っています。当初はホームページを見てメールで連絡してもらうやり方でしたが、現在はLineに友だち登録してもらい、そこで参加のやりとりをできるようにし、オンライン広場的なものも作りました。

ロシアによるウクライナ侵攻の報道を見て、テクノロジーが進歩して豊かになっても、どうやら戦争は無くならないぞと思いました。そのようなどうしようもない事に立ち向かう時、大切なのは、私たち一人一人ができるだけやさしさを持つことではないでしょうか。

青空おやつは「やさしさをふやすしくみ」を目指して活動しています。コロナ禍でも開催でき、官民連携すれば広がりのある活動に発展すると思っています。公園という既存施設を利用し、特別な知識や技能がなくてもやさしさがあれば始められます。

今、学校でも家庭でもない子どもの第三の居場所が注目を集めています。行き場がないと感じる人は、子どもだけでなく大人にも増えているのではないでしょうか。僕は「やさしさ」という関係性をつくれれば、場所は選ばないと思っています。やさしい関係ができれば場所はどこでもという方が、結果として多くの人に第三の居場所を提供することができるからです。

名前を考えた時には思っていませんでしたが、青空おやつの青空は「どこでも」という意味なのだと思います。そしてやさしい関係をおやつによってつくろうと思います。

興味のある方はご参加下さい。

言葉で説明できなくても。

こんにちは、鈴木です。1月22日に中央公園で開催しました。寒かったけれど、お天気でよかったです。
公園には小学生が少なめで、お父さん、お母さんと来ている小さい子がいつもより多く感じました。ボランティアの方に受付をお手伝いしていただいたので、子どもたちとゆったり関わることができました。

開催しているのを見つけると走ってきて「やるー!」と参加してくれる子が何人かいました。楽しみにしてくれている子が増えて、とても嬉しいです。

順番を待つ子がいない方がいいかなと思い、今回からシートをほんの少し大きくし、画版代わりのクリップボードも新品になりました。
どちらも、Amazonのみんなで応援プログラムで、いただいた品々です。

今回のテーマは「お正月といえば?」鏡餅や、お年玉、だるまの絵などお正月を思い出して描いてくれました。

おやつは、子どもたちが自分で買うことがない「ちょっといいおやつ」をあげたいなと思い、今回は資生堂パーラーのお菓子にしました。

毎回、おやつの原材料を書いて貼っています。今回のおやつは、いろいろなものが入っていて、わかりにくかったので、アレルギー特定成分を資生堂のホームページで調べて書きました。子どもたちにアレルギーあるか?チョコレートは普段食べてるか聞いて、食べていいかわからない子は持って帰るように伝えています。

言葉で説明できないけど、なんとなくストレスや不安を抱えている子、おうちにいられない子、いろんな子が公園には来ています。絵を描くことは、気持ちを言葉にできない時でも発散することができて、心がすこしスッキリします。せかいが不安な時だからこそ、できる限り開催し続けたいと思っています。

おやつのご協力はこちら

ボランティア募集

青空おやつについて

やさしいきもち

こんにちは、鈴木です。12月12日に青空おやつを開催しました。とても暖かい日で外でのお絵描きが気持ちよかったです。遊ぶと暑くなるのか、半袖の子もいました。

荷物を持って公園に着くと、遊具で遊んでいた子どもたちが「今日、青空おやつやるの?」と、声をかけてくれて準備を手伝ってくれました。「早くやりたい!」という気持ちがあったからかもしれないけど、とっても嬉しかったです。子どもたちにとって近い存在になれたのかな。

今回のお題は、「むにゅーんかクリスマスといえば?」でした。

参加した子たちは、一生懸命、描いてくれます。画用紙いっぱいにいろんな絵を描いたり、いろんな色を塗ってみたり。「家から浮いてる窓」など自由な発想にも感心してしまいます。かわいく描けたクリスマスの絵は持って帰る子が多かったです。

ワークショップで使用しているサクラクレパスはオイルパステル。描き心地がとてもいいので、画用紙に描く気持ち良さを感じてもらえたらいいなと思っています。

新しく、アマゾンの「みんなで応援」プログラムからご支援いただけるようになりました。
審査が通り、「教育・児童」のカテゴリに掲載されています。➡︎こちらです

たくさんの団体があるので、なかなか難しいのかと思っていたのですが、1週間でたくさんの方に応援いただき、うれしいびっくりです。ありがとうございます。

もうひとつ、新しいことがあります。
開催準備や、開催日の受付のお手伝いについて、LINEでやりとりできるよう準備しています。スケジュールのお知らせや参加のご連絡、質問などもしていただきやすいのではないかなと考えました。

青空おやつが、いろんな方に気軽に参加してもらえる、やさしい場所になれたらいいなと思ってます。

おやつのご協力はこちら

ボランティア募集

青空おやつについて

子どもは大人が思うよりわかってる

こんにちは、鈴木です。11月21日に大山で青空おやつを開催しました。オカリナキッチンさん主催の「やまのじかん」というマルシェに参加させていただきました。

オカリナキッチンさんがカメ好きで、大山店にはカメがたくさんいます。本物のカメを受付の横に置いていただき、本物を見て絵を描いて、かめさんクッキーのおやつをもらうという内容にしました。

カメさんクッキーは、オカリナキッチンさんから提供していただきました。ありがとうございます。かわいくて、やさしいクッキーです。


どの子も本物のカメがいると伝えると興味深々で、じっくり何度も見ながら描く子がたくさんいました。
景色のいい場所でのお絵描きは、気持ち良さそうでした。

絵を描き終わったら、ひとりひとり全員に青空おやつのしくみを説明し、絵を持って帰るか置いていくか選んでもらいました。

子どもはいつも小さい子も大きい子も真剣に話を聞いてくれます。だから、その子に合わせてわかるように説明をします。

子どもたちはちゃんと考えて自分の答えを教えてくれます。どんな答えでも、その子の気持ちを尊重してあげたいと思っています。

お父さんやお母さんも一緒に説明を聞いてくれ、関心をしめしてくださる方が多かったです。活動を知ってもらえるといいなと思っていたので、とても嬉しかったです。

やまのじかんでライブをした、シンガーソングライターのやもとなおこさんが青空おやつについてインタビューしてくれました。こんな風に動画でアップしてくれると思わず、嬉しかったです。

誰かのやさしい気持ちを受け取ったり、誰かにやさしくすることで、心がやわらかく満たされることがあるんじゃないかと思います。青空おやつが、そういう場所になれたらいいなと思います。

やさしい気持ちを次の誰かにつなげていけるよう、青空おやつの活動を支えてくれる方、「おやつ」に協力してくれる方を募集しています。

おやつのご協力はこちら

青空おやつについて

やさしさをふやすしくみ

11月3日、こんにちは、松村です。荻野運動公園オータムフェスタに青空おやつとして参加しました。

オータムフェスタには以前「もしもみどりが展」として参加したことがあり、青空おやつの前身となるワークショップを開催していました。

荻野運動公園の所長さんは、青空おやつを始めた時から見学に来てくれていて、私たちの活動を評価してくれていたので、今回、イベントでおやつを提供していただくことになりました。緊急事態宣言後、人も多かろうという事で、普段よりもかなり多めのおやつを用意していただきました。

当日、蓋を開けてみると、どのイベントも開始前から列ができてしまうほど盛況でした。私たちも息つく暇もなく、あっという間に用意していたおやつがなくなってしまいました。

今回、ボランティアの高校生が手伝ってくれて、かなり助かりました。彼は前回の青空おやつに話を聞きに来てくれ、仕組みを気に入ってくれ、手伝ってくれることになりました。どうやって青空おやつのことを知ったか尋ねると、厚木市のボランティア団体一覧を見て来てくれたとのことです。調べて行動する力がすごいなと思いました。

オータムフェスタでは「むにゅーん」をかいてもらいました。むにゅーんは話題沸騰の厚木市非公式キャラクターあつおのポーズです。ここでかいてもらったむにゅーんは来年5月にあつぎロードギャラリーで展示します。おやつはむにゅーんクッキーで、自分たちがかいたものがクッキーになっていたのでとても喜んでもらえました。

思いのほか早くおやつがなくなってしまって、並んでいた方にお断りしなければなかったのですが、皆さま快く受け入れてくれました。今後おやつがふやせるかどうかは、私たちの力だけではどうしようもなく、社会がどれだけやさしくなっているかだと思います。よろしければおやつのご協力お願いいたします

回を増すごとに青空おやつは「やさしさをふやすしくみ」として機能していけると感じます。公園で誰でも気軽に始められ、それがやさしさを循環させていく。そんな未来を思い描いて続けていこうと思います。

おやつのご協力はこちら

青空おやつについて

お話きかせて

こんにちは、鈴木です。10月23日に中央公園で青空おやつを開催しました。秋晴れで外で絵を描くのが気持ちいい日でした。

今回のお絵描きのお題は「むにゅーんか、おばけ」にしました。

「むにゅーんは描いたら、みんなのむにゅーん展でロードギャラリーに展示するよ」と説明して描いてもらいました。展示されたいとむにゅーんを描く子、おばけが描きたいとおばけを描く子、いろいろでした。

ハロウィンの月なので、あつおちゃんのハロウィンのえほん(自家製)と、ドロップのアイシングクッキーを参加した子どもたちに渡しました。水色のクッキーを見て「ソーダ味?」と聞いてくる子がいたりして、かわいかったです。

お絵描きして、おやつをもらうまでが、ひとつの流れで楽しんでもらえるよう、関連したものを考えています。参加したことが特別で楽しい時間になったらいいなと思い、デザインを工夫しています。

アイシングクッキーは、ケーキ工房アンドンカフェさんにお願いしました。

前回までは、中学生の参加もあったのですが、今回は小学生ばかりでした。中間テストだったのかもしれないけれど、公園を卒業していく時期なのかなとも思いました。

遊んでいて「転んじゃった」と言いに来てくれる子が時々います。公園の水道で洗って絆創膏を貼ってあげるぐらいしかできませんが、子どもたちが困ったときに声をかけてもらえることは嬉しいです。

「学校のおたよりに青空おやつのことが書いてあった」と教えてくれた子がいました。

11/3に荻野運動公園のオータムフェスタに青空おやつで参加するのですが、そのチラシが学校で配られたみたいです。

荻野運動公園は子どもたちにとっては遠いみたいで「荻野ってどこ?」「ぼうさいの丘公園までなら、がんばれば自転車で行けるんだけどなぁ」とちょっぴり残念そうでした。

中央公園以外の場所で開催することで、活動を知ってくださる方が増えるといいなと思っています。そして、おやつのたねや、準備や当日のお手伝いにも興味を持って関わってくださる方と出会えたらとても嬉しいなと思います。

 

おやつのたね募集中

青空おやつについて

やさしい気持ちでいられるように

こんにちは、鈴木です。7月31日に青空おやつを開催しました。すっごく暑かったので、今回は少し暑さが和らいでくる15時からにしました。
公園に行くと準備をする前から「やりたい」と子どもたちが集まってきてくれました。

開催するたびに「ラムネの瓶からビー玉を取り出したい」と、いう子が何人かいます。今まで用意していたのは埋め込み式の蓋のラムネでビー玉を取り出すことができないのですが、そう説明しても無理に取ろうとする子がいるので、なんとか対策しなければと考えていました。

でも、注意しすぎたり禁止したりすることも何か違う気がすると思い、冊子を作って渡すことにしました。

青空おやつには幼児さんから中学生まで参加してくれるので、どの子が見ても「ちょっとおもしろいな」と感じてもらえるものにしようと思いました。「ぺろりん探偵あつお」も子どもたちに人気出るといいな。

今回は、「夏といえば?」というお題で絵を描きました。子どもたちの絵はこちらで見ていただけます。のびのびとした絵はとても癒されます。

コロナ対策のため名簿に名前を書いてもらうのですが、名前や学校名を書くのが難しい子もいます。渡した冊子も読めない子がいて、読める子が読んであげたり説明してあげたりしていました。子どもたちの社会は当たり前にいろんな子を受け入れていてやさしいなぁと感じます。

 

いろんな環境でいろんな心を抱えた子どもたちが公園に来ています。公園は、公園を居場所にしている子どもたちが安心していられる場所であってほしいと思います。

今、多くの人の心に不安や不満が充満していることも、社会の緊急事態だと感じます。これからも子どもたちがのびのびと元気に笑ったり泣いたり怒ったりできる社会でいられるよう、何ができるか考えて、できることをできるだけしていこうと思います。

緊急事態宣言が出てで公園が借りることができなくってしまいました。次がいつできるかわからないけど、この先しばらくは、しっかり感染症対策をしながら活動していくことになりそうです。配慮しながら開催できればと思っています。

やさしい気持ちになれる子どもたちの絵

おやつのたね募集中

青空おやつについて