青空おやつ#22 みんなでつくっていく

6月26日(土)に青空おやつを開催しました。
回を重ねるごとに「やりたい」と、自分から言ってきてくれる子が多くなったなと感じます。そして、おしゃべりな子は何度も立ち寄っては、いろんな話をしてきてくれました。

今回は、「好きな生き物」を描きました。前回は「好きなおやつ」にしたのですが、好きなものというのは楽しくかけるんだなぁと感じて、今回も好きなものを描いてもらうことにしました。なんとなく、社会がピリピリしている空気だし、のびのび楽しく描く時間になったらいいなと思いました。

毎回、テーマはあるのだけれど、クレヨンで画用紙に描く時の心地良さを楽しんでもらいたいなと思っています。具体的なものを描くつもりだったけど、描いてるうちに描くこと自体が楽しくなって忘れちゃったということがあってもいいんです。いろいろ考えすぎずに塗ることで心がすっきりするかもしれません。

木の絵を描いていた子が、友だちに「木って生きものなの?」と言われて、「木も生きものだよ!息てしてるんだよ」と言い切っていたのが印象的でした。

この日、スタッフが2人だったので、てんやわんやだったのですが、参加した子どもたちが手伝ってくれました。参加したいと来た子に青空おやつのことを説明してくれたり、シートの砂利をはいてくれたり、となりの子にテーマがあるんだよと教えてあげたりしてくれました。

こどもたち同士の会話で
「去年の8月からやってるんだよ」
「もう5回参加したことあるし」
「(お絵描きに)毎回テーマがあるんだよ」
など、聞こえてきて嬉しかったです。

子どもと一緒に来ていたパパやママにも手伝ってもらう場面があり、準備や配慮で反省点もあったのですが、おかげさまで楽しい会にすることができました。少しずつ助けていただきながら、それを少しずつお返ししていけたらいいなと思っています。

中央公園の近くに駄菓子屋さんができたので、そこで買っておやつを食べている子もいるようでした。中学生の子が大人買いしてきたと話をしてくれました。

参加した子どもたちは、絵を持って帰るか、青空おやつにあずけるか選ぶことができます。小さい子ほど、ぱっと決める子が多くて、大きくなるにつれて「どっちが正解なんだろうか」と悩む子が増えるように感じます。

「まわりの人がいいと思う答え」を出すのではなくて、「自分がいいと思う答え」を言える環境が、子どもたちの可能性を広げていくように思います。その環境のひとつに青空おやつがなれたらいいなと思います。

大人は先回りして答えを出すことをちょっぴり我慢して、見守る勇気をもたなければなぁ。

おやつのたね募集中

青空おやつについて

子どもたちの絵はこちら

「青空おやつ#22 みんなでつくっていく」への1件のフィードバック

コメントを残す