ぶれていきること

目標に向かってぶれずに生きるという事が、良いとされています。逆にあっちへこっちへとふらふらしていると、よくないイメージを抱かれてしまいます。

本当にそうでしょうか。

当たり前ですが、死んでしまうと体が動くことはありません。

動かずに安定したものが「死」だとしたら、動いて不安定なのが「生」と言えます。

ぶれずに生きるということは「死」へと舵を取っていることではないでしょうか。

ティラミスのワークショップではおもいきり迷ってもらいたいと思います。ぶれていることは生きている証なのですから。
←//

ワークショップ:手と頭

迷うためのワークショップ。

コメントを残す