yoco のすべての投稿

やさしい時間を重ねませんか

こんにちは、鈴木洋子です。7月17日、8月20日に青空おやつを開催しました。暑い時期のおやつはジュースにしています。6月に続き、7月、8月も「ちょっといいジュース」という名前でストレート果汁100%のジュースを渡しました。

自転車に前に渡したおやつに貼ってあったシールを貼ってくれている子や、自分の描いた絵が誰かのもとに送られたかどうか気にしている子、いろんな子と毎回、いろいろな話を少しずつします。

いろいろ話をしながら、青空おやつが楽しみなイベントになってくれているんだなと感じ、続けてきてよかったと毎回、思います。

公園での活動を通じて、誰かの役にたてるかもしれないと思うこと、自分の描いた絵が認められること、なんでも好きなように描いていいこと、いつもの生活では関わらない人と少し話すこと。そういう少しのやさしい時間を子どもたちと重ねていけたらいいなと思っています。

青空おやつに参加してくれた子どもたちは、数年後には大人になっていきます。子たちがどんな大人になるのか楽しみでもあります。

開催日の受付のボランティアの方を募集しております。ボランティアに興味ある方は青空おやつのLINEアカウントを友だち追加していただけると情報が届きます。

子どもたちの絵がおやつになる「おやつのたね」は、オンラインストアからもご購入いただくか、ティラミスの事務所(寿町2-3-10)の募金箱からご協力いただくこともできます。

地域で心を寄せてくれる人がいると、子どもたちが知ることは嬉しいことのようです。いろんなかたちで、関わってくださる方が増えるといいなと思っていますので、お気軽にお問い合わせください。

次回の開催は、9月17日(土)の予定です。台風がきているようなので、お天気が心配です。

7月〜10月の開催日

こんにちは、鈴木です。
7月〜10月までの開催日をまとめてお知らせいたします。7月、8月は暑い時期ですので、夕方、涼しくなりはじめる15時半から開催する予定です。

青空おやつ・19回目

開催日時
7月17日(土)雨天時:18日(日)
15時30分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・20回目

開催日時
8月20日(土)雨天時:21日(日)
15時30分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・21回目

開催日時
9月17日(土)雨天時:18日(日)
14時00分〜【定員になり次第終了】

13時ごろ〜

青空おやつ・22回目

開催日時
10月8日(土)雨天時:9日(日)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

詳細

場所:中央公園おやつ:おたのしみ

定員:30人(4人〜5人ずつ順番にワークショップ)

参加費:なし

申込:当日受付で名前と連絡先を記入。(感染症対策で誰が参加していたかわかるようにします。ご協力お願いします。)

個人情報について

参考:ワークショップ・こころのきもち えほん

青空おやつについて

募集しています

1)おやつのご協力は
→こちらから2)Amazonほしいものリストのご支援
→こちらから

3)ボランティアを募集しています。
→こちらから

タウンニュースでご紹介いただきました。→「やさしさ循環する社会を

2021年度の活動報告と4月〜6月の開催日

こんにちは、鈴木です。2021年度活動内容2021年4月から3月までの1年の活動の様子を写真と一緒にまとめました。青空おやつは市民活動推進事業として活動しているので、市に事業報告書を提出したのですが、その時に一緒に提出した資料です。ぜひ、こちらから見ていただけると嬉しいです。

まとめてみると、たくさんの人に応援していただき、公園で遊ぶたくさんの子どもたちと楽しい時間をすごせたんだなあと改めて思いました。関わってくださったみなさま、ありがとうございました。

今年度も、子どもたちに楽しんでもらえるお絵かきのテーマやおやつを考えて開催したいと思います。

4月〜6月までの開催日をまとめてお知らせいたします。

青空おやつ・16回目

開催日時
4月30日(土)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・17回目

開催日時
5月21日(土)雨天時:29日(日)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

青空おやつ・18回目

開催日時
6月18日(土)雨天時:19日(日)
14時00分〜
【定員になり次第終了】

詳細

場所:中央公園

おやつ:おたのしみ

定員:30人(4人〜5人ずつ順番にワークショップ)

参加費:なし

申込:当日受付で名前と連絡先を記入。(感染症対策で誰が参加していたかわかるようにします。ご協力お願いします。)

個人情報について

参考:ワークショップ・こころのきもち えほん

青空おやつについて

募集しています

1)おやつのご協力は
 →こちらから

2)Amazonほしいものリストのご支援
 →こちらから

3)ボランティアを募集しています。
 →こちらから

タウンニュースでご紹介いただきました。→「やさしさ循環する社会を

言葉で説明できなくても。

こんにちは、鈴木です。1月22日に中央公園で開催しました。寒かったけれど、お天気でよかったです。
公園には小学生が少なめで、お父さん、お母さんと来ている小さい子がいつもより多く感じました。ボランティアの方に受付をお手伝いしていただいたので、子どもたちとゆったり関わることができました。

開催しているのを見つけると走ってきて「やるー!」と参加してくれる子が何人かいました。楽しみにしてくれている子が増えて、とても嬉しいです。

順番を待つ子がいない方がいいかなと思い、今回からシートをほんの少し大きくし、画版代わりのクリップボードも新品になりました。
どちらも、Amazonのみんなで応援プログラムで、いただいた品々です。

今回のテーマは「お正月といえば?」鏡餅や、お年玉、だるまの絵などお正月を思い出して描いてくれました。

おやつは、子どもたちが自分で買うことがない「ちょっといいおやつ」をあげたいなと思い、今回は資生堂パーラーのお菓子にしました。

毎回、おやつの原材料を書いて貼っています。今回のおやつは、いろいろなものが入っていて、わかりにくかったので、アレルギー特定成分を資生堂のホームページで調べて書きました。子どもたちにアレルギーあるか?チョコレートは普段食べてるか聞いて、食べていいかわからない子は持って帰るように伝えています。

言葉で説明できないけど、なんとなくストレスや不安を抱えている子、おうちにいられない子、いろんな子が公園には来ています。絵を描くことは、気持ちを言葉にできない時でも発散することができて、心がすこしスッキリします。せかいが不安な時だからこそ、できる限り開催し続けたいと思っています。

おやつのご協力はこちら

ボランティア募集

青空おやつについて

やさしいきもち

こんにちは、鈴木です。12月12日に青空おやつを開催しました。とても暖かい日で外でのお絵描きが気持ちよかったです。遊ぶと暑くなるのか、半袖の子もいました。

荷物を持って公園に着くと、遊具で遊んでいた子どもたちが「今日、青空おやつやるの?」と、声をかけてくれて準備を手伝ってくれました。「早くやりたい!」という気持ちがあったからかもしれないけど、とっても嬉しかったです。子どもたちにとって近い存在になれたのかな。

今回のお題は、「むにゅーんかクリスマスといえば?」でした。

参加した子たちは、一生懸命、描いてくれます。画用紙いっぱいにいろんな絵を描いたり、いろんな色を塗ってみたり。「家から浮いてる窓」など自由な発想にも感心してしまいます。かわいく描けたクリスマスの絵は持って帰る子が多かったです。

ワークショップで使用しているサクラクレパスはオイルパステル。描き心地がとてもいいので、画用紙に描く気持ち良さを感じてもらえたらいいなと思っています。

新しく、アマゾンの「みんなで応援」プログラムからご支援いただけるようになりました。
審査が通り、「教育・児童」のカテゴリに掲載されています。➡︎こちらです

たくさんの団体があるので、なかなか難しいのかと思っていたのですが、1週間でたくさんの方に応援いただき、うれしいびっくりです。ありがとうございます。

もうひとつ、新しいことがあります。
開催準備や、開催日の受付のお手伝いについて、LINEでやりとりできるよう準備しています。スケジュールのお知らせや参加のご連絡、質問などもしていただきやすいのではないかなと考えました。

青空おやつが、いろんな方に気軽に参加してもらえる、やさしい場所になれたらいいなと思ってます。

おやつのご協力はこちら

ボランティア募集

青空おやつについて

子どもは大人が思うよりわかってる

こんにちは、鈴木です。11月21日に大山で青空おやつを開催しました。オカリナキッチンさん主催の「やまのじかん」というマルシェに参加させていただきました。

オカリナキッチンさんがカメ好きで、大山店にはカメがたくさんいます。本物のカメを受付の横に置いていただき、本物を見て絵を描いて、かめさんクッキーのおやつをもらうという内容にしました。

カメさんクッキーは、オカリナキッチンさんから提供していただきました。ありがとうございます。かわいくて、やさしいクッキーです。


どの子も本物のカメがいると伝えると興味深々で、じっくり何度も見ながら描く子がたくさんいました。
景色のいい場所でのお絵描きは、気持ち良さそうでした。

絵を描き終わったら、ひとりひとり全員に青空おやつのしくみを説明し、絵を持って帰るか置いていくか選んでもらいました。

子どもはいつも小さい子も大きい子も真剣に話を聞いてくれます。だから、その子に合わせてわかるように説明をします。

子どもたちはちゃんと考えて自分の答えを教えてくれます。どんな答えでも、その子の気持ちを尊重してあげたいと思っています。

お父さんやお母さんも一緒に説明を聞いてくれ、関心をしめしてくださる方が多かったです。活動を知ってもらえるといいなと思っていたので、とても嬉しかったです。

やまのじかんでライブをした、シンガーソングライターのやもとなおこさんが青空おやつについてインタビューしてくれました。こんな風に動画でアップしてくれると思わず、嬉しかったです。

誰かのやさしい気持ちを受け取ったり、誰かにやさしくすることで、心がやわらかく満たされることがあるんじゃないかと思います。青空おやつが、そういう場所になれたらいいなと思います。

やさしい気持ちを次の誰かにつなげていけるよう、青空おやつの活動を支えてくれる方、「おやつ」に協力してくれる方を募集しています。

おやつのご協力はこちら

青空おやつについて

お話きかせて

こんにちは、鈴木です。10月23日に中央公園で青空おやつを開催しました。秋晴れで外で絵を描くのが気持ちいい日でした。

今回のお絵描きのお題は「むにゅーんか、おばけ」にしました。

「むにゅーんは描いたら、みんなのむにゅーん展でロードギャラリーに展示するよ」と説明して描いてもらいました。展示されたいとむにゅーんを描く子、おばけが描きたいとおばけを描く子、いろいろでした。

ハロウィンの月なので、あつおちゃんのハロウィンのえほん(自家製)と、ドロップのアイシングクッキーを参加した子どもたちに渡しました。水色のクッキーを見て「ソーダ味?」と聞いてくる子がいたりして、かわいかったです。

お絵描きして、おやつをもらうまでが、ひとつの流れで楽しんでもらえるよう、関連したものを考えています。参加したことが特別で楽しい時間になったらいいなと思い、デザインを工夫しています。

アイシングクッキーは、ケーキ工房アンドンカフェさんにお願いしました。

前回までは、中学生の参加もあったのですが、今回は小学生ばかりでした。中間テストだったのかもしれないけれど、公園を卒業していく時期なのかなとも思いました。

遊んでいて「転んじゃった」と言いに来てくれる子が時々います。公園の水道で洗って絆創膏を貼ってあげるぐらいしかできませんが、子どもたちが困ったときに声をかけてもらえることは嬉しいです。

「学校のおたよりに青空おやつのことが書いてあった」と教えてくれた子がいました。

11/3に荻野運動公園のオータムフェスタに青空おやつで参加するのですが、そのチラシが学校で配られたみたいです。

荻野運動公園は子どもたちにとっては遠いみたいで「荻野ってどこ?」「ぼうさいの丘公園までなら、がんばれば自転車で行けるんだけどなぁ」とちょっぴり残念そうでした。

中央公園以外の場所で開催することで、活動を知ってくださる方が増えるといいなと思っています。そして、おやつのたねや、準備や当日のお手伝いにも興味を持って関わってくださる方と出会えたらとても嬉しいなと思います。

 

おやつのたね募集中

青空おやつについて

やさしい気持ちでいられるように

こんにちは、鈴木です。7月31日に青空おやつを開催しました。すっごく暑かったので、今回は少し暑さが和らいでくる15時からにしました。
公園に行くと準備をする前から「やりたい」と子どもたちが集まってきてくれました。

開催するたびに「ラムネの瓶からビー玉を取り出したい」と、いう子が何人かいます。今まで用意していたのは埋め込み式の蓋のラムネでビー玉を取り出すことができないのですが、そう説明しても無理に取ろうとする子がいるので、なんとか対策しなければと考えていました。

でも、注意しすぎたり禁止したりすることも何か違う気がすると思い、冊子を作って渡すことにしました。

青空おやつには幼児さんから中学生まで参加してくれるので、どの子が見ても「ちょっとおもしろいな」と感じてもらえるものにしようと思いました。「ぺろりん探偵あつお」も子どもたちに人気出るといいな。

今回は、「夏といえば?」というお題で絵を描きました。子どもたちの絵はこちらで見ていただけます。のびのびとした絵はとても癒されます。

コロナ対策のため名簿に名前を書いてもらうのですが、名前や学校名を書くのが難しい子もいます。渡した冊子も読めない子がいて、読める子が読んであげたり説明してあげたりしていました。子どもたちの社会は当たり前にいろんな子を受け入れていてやさしいなぁと感じます。

 

いろんな環境でいろんな心を抱えた子どもたちが公園に来ています。公園は、公園を居場所にしている子どもたちが安心していられる場所であってほしいと思います。

今、多くの人の心に不安や不満が充満していることも、社会の緊急事態だと感じます。これからも子どもたちがのびのびと元気に笑ったり泣いたり怒ったりできる社会でいられるよう、何ができるか考えて、できることをできるだけしていこうと思います。

緊急事態宣言が出てで公園が借りることができなくってしまいました。次がいつできるかわからないけど、この先しばらくは、しっかり感染症対策をしながら活動していくことになりそうです。配慮しながら開催できればと思っています。

やさしい気持ちになれる子どもたちの絵

おやつのたね募集中

青空おやつについて

みんなでつくっていく

こんにちは、鈴木です。6月26日(土)に青空おやつを開催しました。
回を重ねるごとに「やりたい」と、自分から言ってきてくれる子が多くなったなと感じます。そして、おしゃべりな子は何度も立ち寄っては、いろんな話をしてきてくれました。

今回は、「好きな生き物」を描きました。前回は「好きなおやつ」にしたのですが、好きなものというのは楽しくかけるんだなぁと感じて、今回も好きなものを描いてもらうことにしました。なんとなく、社会がピリピリしている空気だし、のびのび楽しく描く時間になったらいいなと思いました。

毎回、テーマはあるのだけれど、クレヨンで画用紙に描く時の心地良さを楽しんでもらいたいなと思っています。具体的なものを描くつもりだったけど、描いてるうちに描くこと自体が楽しくなって忘れちゃったということがあってもいいんです。いろいろ考えすぎずに塗ることで心がすっきりするかもしれません。

木の絵を描いていた子が、友だちに「木って生きものなの?」と言われて、「木も生きものだよ!息てしてるんだよ」と言い切っていたのが印象的でした。

この日、スタッフが2人だったので、てんやわんやだったのですが、参加した子どもたちが手伝ってくれました。参加したいと来た子に青空おやつのことを説明してくれたり、シートの砂利をはいてくれたり、となりの子にテーマがあるんだよと教えてあげたりしてくれました。

こどもたち同士の会話で
「去年の8月からやってるんだよ」
「もう5回参加したことあるし」
「(お絵描きに)毎回テーマがあるんだよ」
など、聞こえてきて嬉しかったです。

子どもと一緒に来ていたパパやママにも手伝ってもらう場面があり、準備や配慮で反省点もあったのですが、おかげさまで楽しい会にすることができました。少しずつ助けていただきながら、それを少しずつお返ししていけたらいいなと思っています。

中央公園の近くに駄菓子屋さんができたので、そこで買っておやつを食べている子もいるようでした。中学生の子が大人買いしてきたと話をしてくれました。

参加した子どもたちは、絵を持って帰るか、青空おやつにあずけるか選ぶことができます。小さい子ほど、ぱっと決める子が多くて、大きくなるにつれて「どっちが正解なんだろうか」と悩む子が増えるように感じます。

「まわりの人がいいと思う答え」を出すのではなくて、「自分がいいと思う答え」を言える環境が、子どもたちの可能性を広げていくように思います。その環境のひとつに青空おやつがなれたらいいなと思います。

大人は先回りして答えを出すことをちょっぴり我慢して、見守る勇気をもたなければなぁ。

おやつのたね募集中

青空おやつについて

子どもたちの絵はこちら

公園という場所

4月24日(土)、久しぶりに青空おやつを開催しました。
準備していると「常連さん」が、すぐに見つけてくれて早々に友達と一緒に参加してくれました。4ヶ月ぶりの再会だったので、みんな少し大きくなっていて、進級したことを報告してくれて、なんだか嬉しくなりました。

今回はお手伝いに3人の方が参加してくれました。お手伝いをしていただいたおかげで、こどもたちの対応もゆったりでき、とても助かりました。お絵かきのあと、ラムネを公園で飲む子たちの様子を見ながら声をかけることもできました。

お手伝いに来てくれる方の年代も様々で、それもとても嬉しいことです。いろんな人が参加してくれることによって、よりよい時間になるなぁと感じます。

ラムネの瓶に貼ったシールは、剥がして自転車や顔?!に貼って遊んでいました。子どもはシールも好きですね。ラムネの開け方を知らない子がいるので、その時は手伝って一緒にふたを開けます。そんなことも楽しそうでした。

「常連さん」が、青空おやつの仕組みを友だちに説明してくれていました。「このマーク見たらお母さんはわかると思う」とどや顔で言っていて、青空おやつが「ときどき公園にやってくる楽しいもの」になれてるのかなと思いました。

これからの「公園」について思うこと

「公園」で、わたしたちのように小さなイベントを企画する人たちが増えたらいいのになぁと思いました。緊急事態宣言中に保健師さんが子育て相談をしていたけれど、そういうものや年配の人も楽しめるものとか。

これからは、街がきれいに整備されて外側がととのっても、そこで暮らす人たちがそれをどう使っていくか?という中身がとても大事になってくるのかもしれません。すてきなおうちを建てるだけじゃなく、そこでどう暮らすかということが大事なように、街もきっと同じだなと思います。

わたしたちにできることは限られているけれど、これからも青空おやつを続けていこうと思います。

募集

おやつのたねにご協力いただける方、お手伝いをしてくださる方を募集しています。お手伝いは、前日準備も手伝ってもらえると嬉しいなぁと思っています。デザイン事務所に遊びに来たいと思っている方、興味がある方、ご連絡お待ちしてます。次回の日程やお手伝いの内容は決まりましたらホームページでお知らせします。

おやつのたね募集中

青空おやつについて