yoco のすべての投稿

「こんがらがり」をほどく効果

こんがらがり-1

こんがらがり-2

こんがらがっていると、

  • 足取りが重くなる。
  • どうしたらいいか迷う。
  • 眉間にシワがよる。

 

こんがらがりをほどくだけで、

  • 行動できることが増える
  • 心が軽くなる
  • 鼻歌歌いながらスキップしたくなる

 
解決の糸口を見つけて
しゅるしゅるしゅるっと解いていく。

 
仕事を通して何百人というお客さんに会ってお話してきました。
すっきりすると軽やかな空気に変わって、こんがらがってた時の何倍ものエネルギーが湧いてくる。
お話しながら、そんなお顔を拝見できるのがとても嬉しいです。

何かを手に入れなくても、そのままでいいのだなぁと思う時でもあります。

 
わたしたちはがやっていることは
特別なものをインストールするのではなくて、ただ、くるくるっと糸巻きするようにお話しているだけです。

何が必要で、何が好きで、何を大切に、どうやっていこう?
と、いうことが、お話しながら紐解けていきます。

この「こんがらがり」をほどくことの効果は、ひとりひとり違うけど、確かにあるなと思います。

「こんがらがり」がほどけるかもしれない場

ワークショップ
クリエイティブな視点や考え方を手に入れる過程で「こんがらがり」がほどけていきます。

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

デザインをつくる
デザイン制作をする過程で「こんがらがり」がほどけていきます。
https://tirami-su.com/service

お問い合わせ・ご相談

「ちょっと聞いてみよう」と、お気軽にお問い合わせください。

目に見えないものが「財産」になっていく

がま口の中身1

がま口の中身2

がま口の中身3

 
例えば、何かを習いに行く。
そうすると、目に見えないスキルや知識が身につく。
人との出会いがあるかもしれない。
目に見えるものも大切だけど、こんな風に目に見えないものが財産になると、最近はすごく感じています。

グラフィックデザインは目に見えるけれど、制作していく過程で「目に見えないもの」も一緒にお渡ししています。
それは、かれこれ10年。ずっと大切に続けてきたことです。

そして、その経験は風を売る商店やワークショップに活かされています。
出会った方たちにとって、新しい価値観や、すでにあったけれど気づいていなかった「じぶん」を見つけられる場にしてもらえたら、とても嬉しいです。

自分のたましいにとって、よい選択ができるひとが増えるといいな。
それがきっと財産になっていくと思うから。

 

あなたの財産を見つけられるかもしれない場

ワークショップ

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

風を売る商店
https://tirami-su.com/kaze/

お問い合わせ・ご相談

「ちょっと聞いてみよう」と、お気軽にお問い合わせください。

多目的に使えるポストカードは、おすすめ。

ポストカード、ご存知ですか?
そんなの当然知ってるよ!という感じですね。

実は、このポストカードはすごーーく、多目的に使えます。

 

ポストカードの使えるところ。

・名刺よりも大きくて、パンフレットよりも小さい。
・チラシよりも小さくて、紙が厚い。
・どこかに置いてもらうとき、場所をとらない、よれない。

・すてきに作ればお家に飾ってもらえる。(かもしれない)
・手帳やノートに挟んで持っていてもらえる。(かもしれない)

・郵送できる。
・手渡しできる。

 

ポストカードのかたち。

1.型抜き印刷

変わった形にすると目にとまります。
お店に置いてもらうときも効果的。

郵送できますが、定形外郵便になります。

 

2.定形はがき

奇をてらわなくても、サービス内容のご案内や何かを募集をしたり、十分活躍してくれます。
デザインで印象が違います。

たくさん郵送する方は定形はがきがコストを抑えられます。

 

3.活版印刷

凹凸のある印刷は、高級感が出ます。

ポストカードのつかいみち。

ショップカード、年賀状、喪中はがき、クリスマスカード、お誕生日カード

お引越し、移転、オープン、セール、結婚、出産、定期検診…などのお知らせ。

 

例えば…

サロンやショップの方にご好評いただいていたのが、ショップカードやお誕生日カードの宛名面にメッセージ欄を設けることです。

このメッセージ欄は、自由に手書きしていただくのはもちろん、プリンターで印刷しても良いスペースです。

宛名シールにメッセージをプリントして貼って使う方もいらっしゃいました。

 

ご相談、お見積りはお気軽にお問い合わせください。

 

今だけ!プランをご案内

年末年始に向けてポストカードの必要な方が多くなります。プランを簡単にご案内させていただいています。

ご希望の内容と予算が合わなかった場合にも、プランをご提案させていただきます。(費用はかかりません。)

プランの詳細はページはこちら

ポストカード制作プランのご提案

ポストカード簡単お見積り

「ちょっと聞いてみよう」と、お気軽にお問い合わせください。

ホームページは全部プロに頼まなくてもいい

無料でwebサイトができるツールが増えました。

お試しで登録して、研究していますが

  • ホームページ
  • ランディングページ
  • 予約フォーム
  • ショッピングサイト

などなど、無料でこんなに親切なのね〜と思ってしまいます。

webサイトをつくるとき、ポイントはこちら。

使い勝手+デザイン

webサイトは完成したらはじまりです。管理しやすく、見やすいものがいいです。

既存のツールにはテンプレートがあり、使い方が決まっています。
既存のツールを例えるならこんな感じ。

diary01

これに、自分の会社やお店らしい雰囲気を出すのがデザイン。
例えるとこんな感じ。
diary02

ロゴは、お店や会社の顔

既存のものを使うなら、ロゴメインイメージをプロに依頼するのも、ひとつです。

メインで目に入ってくる部分が変わると、ずいぶん雰囲気が変わります。

 

例えば、BASEでショッピングサイトを作ったお客様。

ロゴデザインと、サイトの背景のデザインをご依頼いただきました。

 

Before
before


After

after

同じ既存のツールを使っていても、ずいぶん印象が変わります。

便利なツールとプロのデザイン。
かしこく使っていただけるといいなと思います。

 

◯制作例
https://tirami-su.com/works

お問い合わせ・ご相談

ロゴ、メインイメージ、イラストなどのご相談、お見積りはお気軽に。

ゆるやかな時間の価値

ゆるやかな時間は
お金と交換できない、価値のあるものだと思う。

急いでも、ゆっくりでも、同じように時間がすぎるなら
ゆっくり過ごしたほうが、豊かな気がする。

台風の時のような流れが早い川を流されていくより
さらさらと流れる小川を流されていくほうが
同じ「流れにのる」でも、いいなと思う。

流れが早い川を流されていくと
分かれ道を見過ごしてしまったり
転覆したり、それを直したり、、。

そうこうしているうちに、
「さらさら流れても同じだったね」ってことになったりする。

さらさら流れていると、
分かれ道に来た時は舵をとることができるし
流れていく景色を楽しむこともできる。

風を売る商店は、そういうことを感じられる場所になったらいいなと思う。

心が楽しくなって、ゆるやかに過ごす時間がふえますように。

風を売る商店のこと

どんなお店に見えるかは、あなたしだい

見えないものは、見える話

時間とデザイン

いつも自分の中にもっている感情や気持ちは、顔つきや、雰囲気や、空気感にあらわれる。デザインにも仕事ぶりにもあらわれる。

それは、ことばよりもずっと影響してるなぁと思う。

 

昨年から「風を売る商店」をはじめて、ついこの前、緑のまつりに出店し「もしもみどりが展」をした。
顔が見えること、体験、体感してもらうことっていいなと改めて思った。
来てくれたお客さまは、その場の雰囲気を感じてたのしくなったり、体験したくなったりする。自分でも気がつかない「何か」を感じてくれてるようだった。

 

デザインの仕事をするときも、同じことがいえるなぁと思う。

お見積りをするとき、打ち合わせをするとき、なるべく事務所に来ていただいてお話するようにしている。
それは、「仕事をするわたしたち」だけじゃなく「場」の雰囲気を感じてもらい、この空間ですごす時間も含めてのサービス、おもてなしだと思っているからだ。

 

制作中も、たくさんたくさんお客様のことを考える。
デザインはできあがったら、わたしたちの仕事は終わりだけれど、お客様にとってはスタートラインだ。

だから、「使い勝手はどうか?」「お客様がその先のお客様に渡した時どう感じてもらえるか?」などもイメージしてデザインしていく。

そして、いつも自分の中にもっている感情や気持ちは、デザインに影響する。お客様からは見えない時間が、見えない空気感をつくる。

そんなことを中心において、大切な誰かに「何か」を届けるデザインをしていこうと思う。

見えないものは、見えるのだ。

お問い合わせ

デザインのこと、イラストのこと、どんなことでもお気軽にご相談ください。

変わるタイミング

たまご星人1

たまご星人2

たまご星人3

何かが変わるタイミングは、「1・2・3、ぽーーん」という感じがするのです。

ものごとは、「1・2・3、ぽーーん」「1・2・3、ぽーーん」を繰り返して進んでいくもので「1・2・3・・」の時間や「ぽーーん」の仕方や行き先は、みんな違うのかもしれないけれど、定期的に「ぽーーん」の時は来るのだと思います。

先週、ティラミスが3周年を迎えました。結成日はホワイトデーで、ティラミスの名前とぴったりでかわいい感じがするぞと、そうしました。
思い返せば、このときが前回の「ぽーーん」のときだったのかなぁと思います。

先日、そうだ、たまご星人だ!と、思ってから、「ぽーーん」の時がきたなと感じています。

そうだと思いいつつ
熱湯風呂の前の出川哲朗のように「押すなよ、絶対押すなよ」と、飛び込みたいのに若干腰が引けてる自分がいますが、容赦なく背中を押すのは、ほかの誰でもなく自分自身です。
「1・2・3・・」と進んできたのは、自分だからです。

次の「ぽーーん」は、羽じゃなくてプロペラかもしれないし、どこでもドアが開くかもしれない、だから今回の「ぽーーん」のあとも「1・2・3・・」と、コツコツとがんばっていきます。

「1・2・3・・」と進めてこれたのは、たくさんの「おかげさま」があったからです。
ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。

「ギュウギュウ」と「余白」

ぴったり1

ぴったり2

ぴったり3

「ちゃんとやろう」「うまくやろう」と、思いすぎたり、考えすぎたり、予定を詰め込みすぎたりすると、いつの間にか「ギュウギュウ」になっていることがあります。
「ゆとり」や「余白」は、ゆったりとした気持ちになるし、アイデアも浮かぶし、人に優しくなれます。

先日、FMヨコハマの街角レポートのコーナーで「風を売る商店」のレポートを藤田くんにしていただきました。
当日、力が入りすぎて思ってた以上に緊張してしまい、いろんなことを考えすぎて伝えたいことがあったのに、真っ白になりました、、。

「グッズ販売するお店という感じで伝わってしまったなぁ、もっと違うこと言いたかったのにーー!」と、思ったけど生放送なのでやり直しなし。
「考える余白のあるもの」「いろいろな年代の人が関わり合えるもの」を取り扱っていきたいって、言いたかったなのになぁ。
緊張しちゃうのは仕方ないにしても、もう少しイメトレしたり、伝えたいことをまとめたりする時間を多くとればよかったと反省したのでした。

「ギュウギュウ」は、無意識で自分がつくってるバリアのこともありますね。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

打ち合わせは「徹子の部屋」

デザインの仕事は、「徹子の部屋」からはじまります。
(打ち合わせは「徹子の部屋」のようなイメージ。ゲストはお客様で、わたしたちは徹子です。)

「大切なものはなんだろう?」と考えながら、質問をして、お話を伺います。
度合いは違えど、だいたいの方が「ぐるんぐるん」なのですが、お話していくうちに、だんだんと何を「ピカピカ」にすればいいのか見えてきます。

「ピカピカ」にするものさえ、わかってしまえば、あとは「ビューーン」と行くだけです。

中には「ピカピカ」にするものが見当たらないという方もいらっしゃいます。
お話を伺っているわたしたちが「これですよ」とお伝えしても、自分で「これだ!」と思えないと、なかなか「ビューーン」といけないものです。
言い換えれば、自分で「これだ!」と思えたら、どこまでも「ビューーン」といけるのだと思います。

「まほう」は、自分で自分にかけるとき、「ビューーン」と威力を発揮するのだと思います。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

すべてをつるつるんと循環させるには?

たまご1

たまご2

たまご3

デザインの仕事は、こういう感じだなと思っています。

ここちよく毎日がすごせて、つるつるんと循環していくには、自分が本来の「たまご星人」だなって思えることかなぁと思います。

たまごのままやってきて、「ライオンにしてほしい。タテガミつけたらドカーーンといけると思う」と、いう方が時々いらっしゃいます。
そうかと思えば、「たまごの中身を知りたい」と言いながら、「たまごのままでいたい」という方もいらっしゃいます。

それが間違っているわけではなく、それが必要なときもあります。

わたしは、最近「たまご星人かも!」と、なりました。それまでは、必死で「たまごの殻をデコレーション」することをがんばっていたように思います。

そう思うと、やっぱり「自分、たまご星人でした!」と、なれたほうが楽しいし、自分の力を発揮できそうです。そんな風に循環していくよう、お仕事していきたいです。

ところで、「たまご星人なんだ」と気づけたら、「たまご星」に還ることになる、のでしょうか?

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。