「日誌」カテゴリーアーカイブ

4周年をふりかえって

鈴木ようこから

今日はティラミス4周年記念日。
関わってくださった方たちのおかげさまで、ここにいられるなぁと思います。
ありがとうございます。

1年を振り返ると、こんなことを心においてお仕事してきたなと思います。

◯一緒にお仕事した方が、それによって新しいアイデアが生まれたり、新しい展開をイメージできること。

◯相談にこられた方が、「これで大丈夫だ」と安心してくれ、デザインを手にして前へ進めること。

ワークショップに参加された方が、自分の中の宝ものを見つけられること。

風を売る商店は、たのしい時間をゆるりとすごす場所、何かを見つけられる場所であること。

◯作品展は、ひとそれぞれ、いろんな捉え方を楽しんでもらうこと。

わたしは、地元商店の娘だったため、人は物だけを買いに来るのではないという現場を見て育ちました。だからそれがとても大切なことだと感じています。

それを大切に、5年目もコツコツとやっていこうと思います。

ちなみに、飽きっぽいわたしが、近ごろ飽きずに楽しくやっているのは「風を売る新聞」をつくることです。わたしの世界をぎゅうぎゅうと詰め込み、独りよがりでも誰にも注意されず迷惑もかけず、むしろ喜んでもらえるという、最高のアイテムです。(この新聞は、風を売る商店に来てくださった方にお配りしています。)

楽しんでつくったものが、結局は、楽しんでもらえるものになるのだなぁと思います。
辛く苦しい気持ちで作ったものは、何故かそれが伝わってしまいます。
心に何をおくかというのが、重要な役割を果たすことがたくさんあります。

これからも、関わる方たちと、ここちよい関係を築いていけたら嬉しいなと思います。


松村剛司から

本日、3月14日はティラミスの誕生日になります。今年で4周年となりました。

振り返ってみると、地元の厚木市とはじめてお仕事させてもらうことができました。

そしてワークショップ「手と頭」をはじめた年でもあります。

「風を売る商店」は気がついたら1周年を過ぎていました。今年の10月で2周年になります。

ティラミスをやっているおかげで、様々なおもしろい方たちと出会う事が出来ています。

変わっていくことや、変わっていることを続けられるのは、それに共感してくださる方たちがいるからだと感じています。

どうぞデザインのご依頼がありましたらお気軽にお問い合わせください。一押しはロゴ制作です、そしてワークショップもおすすめです。

「あたま」と「こころ」の整理

やりたいことがなんとなく見えてきた。でも何から手をつけてよいかわからない。

そんな時はティラミスのワークショップに来てほしいと思います。

ワークショップでは、あなたの「あたま」と「こころ」を整理します。

頭が心を置いて行ってしまうと、文字通り、頭でっかちになってしまいます。マッサージで体をほぐすように、ワークショップでは頭をほぐしていきます。

頭と心のバランスがとれると、きっとあなたの向かう先が見えてくると思います。

ワークショップ:手と頭

自分の中へ「宝探し」をしに行く。

厚木市|神奈中車内ポスター

厚木市の「厚木市地方創生推進プロジェクト」にて「神奈川中央交通のバス車内ポスター」を制作させていただきました。

 

小田急線まど上広告ポスター・instagram広告」に続き「厚木市地方創生推進プロジェクト」として、広告を制作させていただきました。

子育てと言われた時にイメージするのは「親と子」もっと言えばお母さんと子どもという限定されたものになっているのではないかという気づきから、子育てのイメージをもっと広くできれば厚木はもっと楽しくなるのではないかと思い制作しました。

例えばバスの中で泣いてる子どもがいて、近くにいる人が「いないいないばぁ」をする行為は子育てだと思います。そのような考えを広げていけば、子どもがいても、いなくても、誰もが子育てに参加していると思います。そしてそんなイメージをみんなで持つことができれば、とても幸せな街になっていくと思います。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

厚木市|小田急線まど上広告ポスター・Instagram広告

厚木市の「厚木市地方創生推進プロジェクト」にて「小田急線まど上広告ポスター」、「instagram広告」を制作させていただきました。

◯小田急線まど上広告ポスター【温泉版】

小田急線まど上広告ポスター・温泉

 
 

◯小田急線まど上広告ポスター【苺版】

小田急線まど上広告ポスター・いちご

 
 

◯Instagram広告

厚木市インスタグラム広告
 

厚木市地方創生推進プロジェクト」は「住みたい、働きたい、訪れたい」と思えるまちづくりに向けた事業を企画する、厚木市内の若い世代で構成された組織です。厚木市と企業と学生、みんなで意見を出し合い、まちづくりをしています。今回そのプロジェクトにTiramisuも参加させてもらい、広告を制作しました。プロジェクトの会議はとても良い雰囲気で、たのしい時間を過ごさせていただきました。

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

やりたいことをみつけるには

やりたいことをみつけるにはどうしたらよいでしょうか?

探し物は、探せば探すほど見つからないのと同じように、やりたいことも見つけようとすればするほど逃げていくのかもしれません。

井上陽水さんは「夢の中へ」という曲の中で「探し物は何ですか」「それよりぼくと踊りませんか」と歌っています。

探す時間より踊る時間を持つことが何かを見つけるヒントになるというメッセージとも受け取れます。

ティラミスのワークショップ「名刺作成コース」は『自分の中へ「宝探し」をしに行く』ようなものになっています。でも探し物を探すというよりは「いっしょに踊ってみたら、見つかっていた」という感じに近いと思っています。

踊って見つかるワークショプ

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

失敗したらやり直せばいい

一生懸命やっているのに、うまくいかない、うまくできない。そんなことが続くと何をしていても憂鬱な気持ちになってきます。
 
うまくいかないと自分のやり方だけでは飽き足らず、自分自信をも否定しはじめてしまいます。
 
「失敗したって死にゃしないよ、たまちゃん」と心のまる子に言われても、タミーの不安な気持ちは抑えられません。
 
そういう時は、一人であれこれ悩んでいても仕方がないのかもしれません。
 
間違っても、失敗しても「もう一回やってみなよ」と言ってくれる環境が自分の周りにあるかどうか。

それが人生を豊かにする鍵かと思います。

ティラミスの名刺を制作するワークショップが、そんな環境をつくる手助けとなればと思っています。

チアフルなワークショプ

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

どんな自分が好きですか?

「何をしている自分が好きか?」

そう考えた時に思い浮かんだ答えはどのようなことでしょうか?

仕事、遊び、子育て、趣味。自分が自分を好きだと思うのはどんな時でしょうか?

どんなことをしていても、自分が好きだと思える時間が増えれば人生はより豊かになっていきます。

会社をさぼってどこかへ行く。でもそんな自分が好き。と思える人生はなんて素敵なのでしょうか。

大切なのは一歩を踏み出すこと。1日ぐらいさぼったって人生が終わることはないと行動に出る少しの勇気だと思います。

一歩を踏み出すためのワークショプ

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

なりたい自分になるために

なりたい自分になるにはどうしたらよいのでしょう?

答えは分かりません。

でも一つ言えるとすれば、まず「今の自分がどんな姿なのか」を知ることが必要です。

では、どうすれば自分の姿を知ることができるのでしょうか?

ティラミスのワークショップ:名刺作成コースでは、まず「こうあるべき」と縛られた紐をほどき、肩の荷をおろしてリラックスしてもらいます。自分のことは自分にしか分かりませんが、自分を知るには何かとくらべなければなりません。例えばあなたの身長は、何かくらべるものがなければ、高いか低いかは分かりません。「人とくらべていては幸せになれない」とよく耳にしますが、比較することは決して悪いことではありません。大切なのは「何とくらべるか」なのだと思います。

ワークショップでは、その何かを見つけるお手伝いをしています。

名刺をつくるというのは自分を知ること、
名刺を渡すということは自分を渡すことなのです。

「こうあるべき」から「こうなるといいな」へ
ワークショップ:名刺制作コース

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

寄り道とたのしい時間

先週、荻野運動公園で催されたオータムフェスタに参加させていただきました。

5月に行われたみどりのまつりに次いで二度目の風を売る商店としての出張でした。

「みどりについて気軽に描いてみよう」というゆるい企画ですが、私たちはこの、なんてことのない企画に寄り道してくれる人を増やしたいという思いがあります。なぜなら学校から帰る時の寄り道ほど楽しいものはなかったからです。

子どもたちが描くのを見ていて気付かされたのは「みんな魅力的な線を引く」ということです。魅力的な線からなる絵は見ていてとてもたのしい気分にさせてくれます。

人は誰でも生まれて死にます。スタートとゴールは決まっています。私はその間にどれだけ寄り道ができたかが人生を豊かにすると思っています。学校帰りに寄り道した駄菓子屋、ゲーセン、秘密基地で過ごした時間が今の自分を豊かにしてくれていると思います。ですので私たちの寄り道につきあってくださっている方たちにとても感謝しています。

そんな寄り道の場の一つとしてティラミスではワークショップを行っています。「最近寄り道できてないなぁ」というあなた、一緒にワークショップでたのしい時間を過ごしませんか?

ワークショップ:名刺制作コース

名刺くん

https://tirami-su.com/workshop-namecard

お問い合わせ・ご相談

何でも、お気軽にお問い合わせください。