「日誌」カテゴリーアーカイブ

チャレンジする

先日、若いイラストレーターさんが「イラストを見て欲しい」と来てくれました。

色々な話をした後、「このような時期に来てしまってよかったのでしょうか」と尋ねられました。

僕は「来てくれてすごくうれしい」と伝えました。

コロナウイルスのせいで行動に制限が必要になってしまいました。

未知と遭遇した時、何が正解かは誰にも分かりません。しかしそんな時でも自分で考え、責任を持って行動できる人は勇気があると思います。

正解が出るまで待っていて、答えを見てから「ほれ見たことか」と後出しするのは簡単です。だから簡単ではない道を選んで行動している人にはとても勇気付けられます。

僕はデザインを出すときは毎回、絶対に何かチャレンジをします。チャレンジって失敗ばかりだし、怖いけれど、しないとどんどん自分が死んでいくのがわかります。

いつも藻掻いて、たまにしか報われないけれど、そのたまにが忘れられなくて、またチャレンジの繰り返し。

まあ、でも、そりゃ、たのしいですね。

仕事ってなんだろう

僕は「仕事ってなんだろう」と考えたときに「人の役にたつ」ことだと思っています。仕事をお金になるか、ならないかを基準に考えると、仕事がとてもつまらなくなってしまうからです。

ワークショップをしていると、これからやりたいことや、今やっていることが「お金にならないので仕事と呼べるようなものではないのですが」と言う方がいらっしゃいます。しかし、お金にならなくても仕事と呼べるものはたくさんあると思います。

今自分のやっていることが「お金になるか」と考えるよりも「誰かの役に立つか」と考えた方がきっと長続きします。定年後に仕事がなくなり、社会と接点を失った年配の方を見て、仕事の定義を見直したいと思うようになりました。

ワークショップでは名刺を作りながら、あなた自身を紐解き、ひかりを見つけ、背中を押したいと思います。

ワークショップ:こころの

←小さなことば

ワークショップの受付を再開しました。

緊急事態宣言の解除により、ワークショップの受付を再開いたしました。再開に際し、変更点があります。

ワークショップ共通の変更点

体調不良によるキャンセルを受付いたします。少しでも体調に不調を感じた場合は遠慮なくお知らせ下さい。その際のキャンセル料金はいただきません。また、消毒、換気、マスクによる対策をさせていただきます。お互いにリラックスしてできるよう臨機応変に対応させていただきたいと思います。心配なことがありましたら遠慮なさらずにお問い合わせ下さい。

めいしの変更点

2名様受講はしばらく休止致します。ただし、親子の場合は受講していただけます、親子割引きも継続いたします。

選べる紙の種類が増えました。名刺の印刷枚数を調整することによって、紙が4種類から選べるようになりました。できあがりの名刺枚数は標準紙は50枚、高級紙は20枚となります。

えほんの変更点

マンツーマンでの受講になりましたが、親子、きょうだいは大丈夫です。

ティラミスのワークショップは自分を見つめるのにとても良い機会になると思います、どうぞお気軽にご参加ください。ワークショップ詳細は下記URLから
http://tirami-su.com/workshop

いつも通りの心で。

いま、考えていることを時々、書いています。
今回は、「どんな気持ちで毎日すごしていこうか?」と考えたお話。

数日前、商売を長くやっている「女将さん」とお話をした。空気がとってもドーーンとしていて、それはいつも通りのことなんだけど、とっても安心した。肝っ玉すわってるって、なんてかっこいいんだろう。
今、外の世界は「緊急事態」で、不安や緊張が続いている。その中で「いつも通りでいる」って、なかなかできることではないなと思う。いろんなことを乗り越えた人生経験が、この「ドーーン」をつくりだしているんだろうなと感じた。そして、この「ドーーン」は周りの人をこんなにも安心させられるんだなぁと思った。

女将さんみたいになれたらいいけど、急にそんな風になれそうもない。気をつけていないと、外の「緊急事態」に引っ張られすぎて、「大変だ、大変だー」と「うっかり八兵衛」になってしまう。不安が大きくなって白黒つけたくなって、ナントカ警察にもなりかねない。自分の人生が八兵衛でナントカ警察な時間で埋まっていくなんて、やだなぁ。

世界の緊急事態が収束したとしても、何気ない日常に心を寄せたり時間を使うことを、これからもっと大切にしていきたいなと思う。女将さんみたいなドーーンとした人を目指して、時々、八兵衛になってしまう自分を「またやっちまったな」と笑いつつ。

これからやってくこと、続けていくこと。

毎日のほっとする時間

❤︎おうち時間

❤︎がんばらないお弁当

❤︎風を売る商店

開店できないのでオンラインストアを作りました。今までのお店と同じように買うのも見学も楽しんでもらえたらいいな。
商品写真を鈴木心さんに撮っていただけたのが嬉しかった。とっても貴重な機会でした。

❤︎やゆようこ

心がほんわかする時間になったらいいなと思う。病院、診療所、福祉施設、お店などで展示したいというご希望があれば、ぜひ、お声かけていただきたいです。

ふわっふわえほん展

4月20日から、やゆようこの「ふわっふわえほん展」がオアシスギャラリーではじまっています。

イオン厚木店1階にある、オアシス診療所の壁面にあるギャラリーなので、緊急事態宣言中ですが開催させていただいています。ほっこりする展示ですので、イオンに買い物に来た際は、ついでに立ち寄って気分転換していただければと思います。わざわざ足を運んでいただく必要はございません。

設営後、診療所の方たちが出てきて見てくれました。「こういう時だから、このようなふんわりしたものがあるとうれしい」と言っていただけました。今、医療従事者のみなさんは本当に大変だと思います。そんな方たちの心を少しでも軽くできたかと思うと、やってよかったと思いました。

会期|令和2年4月20〜5月19日
場所|オアシスギャラリー(イオン厚木店1階オアシス診療所)
入場|無料
主催|Tiramisu

5周年のこと

ティラミスは3月で5周年を迎えていました。「そういや5周年過ぎてたね」という鈴木の声で気がつきました。

コロナウイルスが世界を蔓延し、人が次々と死んでいる中で、「5周年うぇーい」という気分ではないのですが、時間ができたので、今までのことや、これからのことを考えてみました。

まず、5年やっているとインターンのお問い合わせが来るようになりました。ティラミスではインターンを受け入れる体制はできていないのでお断りしているのですが、事務所見学や、制作物を見せてもらって感想を伝えたり、質問があれば答えたりなどはしています。若いデザイナーだけでなく、カメラマンの写真を見るのも好きです。

ティラミスは二人ともデザインを学校で勉強する事はなく、どこか大きなデザイン事務所で働く経験もないまま事務所を構えてやっているわけですが、そのような所に、人手不足と言われる昨今、若い子が興味を持って来てくれるのはとてもうれしいです。これからは厚木の学校で職業体験の選択肢にティラミスも入れてもらえないかなと思っています。

非常事態宣言後、初めに不自由を感じたのは、毎日通っていたプールに行けなくなってしまったことです。代わりに朝走るようになりました。仕事では直接会っての打ち合わせができなくなりました。風を売る商店も開店できません。ティラミスで雑誌スポンサーにもなってる、大好きな中央図書館に行けないのも寂しいです。そんな中でもデザイナーとしては、いつでも新しい視点を求めているので、それを手に入れる、良い機会にしたいと思います。

僕は非常時に大きな声をあげることはしたくなく、そのために日々小さな声を囁き続けています。あつぎーくあつお風を売る商店、Tiramisuでの展示などがその活動です。例えば子どもが横断歩道で車に轢かれそうになっていたら、大声をあげて注意を促すより、走って助けに行きたいです。そのための瞬発力や筋力を日々鍛えています。

皆が張り詰めてる時は、デザインするものにやさしい色を使いたいし、普段より一層、言葉では伝えられないような感触、気持ち良さを伝えたいと思います。僕はデザインで色を落としたくないほうなので「やさしい色を使いたい」と思っている時点で、心が疲れているのだと思います。

「心と向き合う」ということではじめたワークショップも予約を停止させていただいています。いつ再開できるかわかりませんが、自分の心と向き合う事は、今後もっと必要になると思います。

「この騒動でやっていけなくなったらどうする?」と鈴木に聞くと「事務所たたんで、できる事始めればいーんじゃない」と言いました。普段、ランチの意見すら合わない二人ですが、めずらしく同じ意見でした。

非常事態宣言で、予定していた地下フェス、みどりの祭り、鮎祭りの休憩所の案、準備していたものがなくなってしまいました。そんな中、風を売る商店のネットストアを作っています。ネットで売るより、直接会って売ろうとはじめた、風を売る商店のネットストアを作っているわけですから人生何がおこるわかりません。でも自分で決めたことなので、とてもたのしくやっています。

やれることを、できるぶんだけ、むりせずに。

いま、できることはなんだろう?

いま、考えていることを時々、書いています。
今回は、「いま、わたしができることはなんだろう?」と考えたお話。

世の中が、というよりも世界が思ったより大変なことになっていて驚いています。
毎日、いつも通りに暮らしていけると思っていたのにね。

わたしは生まれ育った厚木の街が好きだ。
中華屋さんやカレー屋さん、写真屋さん、お菓子屋さん。人が入っているかわからないような床屋さん。バーや居酒屋。布団を干すご近所のベランダや、洗濯機の音。子どもの声。ママの声。ぜんぜん知らないおじさんや、おばさん。宅急便のトラックや、公園で日向ぼっこするおばあちゃん。そういう、みんなで作られている街の空気ごと好きだ。

そして、いま。
わたしの好きな「いつも通り」が消えそうな中で、「いま、わたしができることはなんだろう?」と考えている。

今年は、お店でわいわいするようなことがたくさんしたかった。駄菓子屋さんみたいに人との関わりを持てる場にしたいと思っていたから。
緑のまつりでラムネを売りたかったし、地下フェスでワークショップもやりたかった。鮎まつりには何をしようかと考えるのも楽しみだった。
だけど、そっちの方向で考えてもしばらくは難しそうなので、変えていくことにした。

お店に来なくても、たのしいお店をやりたいなと思う。

わたしにできる一番のことは、なるべくおうちにいること。「おうちにいて、たのしい」を届けること。

<はじめたこと>
●あつぎーく
おうち時間@厚木、募集中!

●風を売る商店
インスタグラム
ネットショップ

厚木市|ポスター:小田急線まど上広告

前回に引き続き、厚木市地方創生推進プロジェクトにて、小田急線まど上広告ポスターを制作させていただきました。公募で選ばれたキャッチフレーズを元にポスターを制作しました。キャッチフレーズの選考にも関わらせていただきましたが、とても楽しかったです。

イラスト:やゆようこ(1,2,4枚目)

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。